古銭買取おすすめランキングはこちら

昭和26年のギザ10の価値と買取相場!高く売れる?

かわいい女性 買取相場

本記事では、昭和26年のギザ10(10円玉)の価値と買取相場を紹介していきます。

昭和26年から昭和33年の間に発行されて流通したギザ10。10円玉の縁にギザギザ模様(132本)が施された10円玉で発行された期間が短いということもあり、現行通貨で利用できる10円玉の中でも希少性の高さが郡を抜いて高いです。

ギザ10の価値はその年の発行枚数や保管状態によって大きく変わってきます。初めてギザ10が発行された昭和26年の10円玉の価値はいかに。価値と買取相場を順に確認していきましょう。

昭和26年の10円玉の価値と買取相場

昭和26年の10円玉
上記写真のように昭和40年や平成10年に発行された10円玉と比較すると昭和26年の10円玉(ギザ10)の価値は非常に高いです。

特に昭和26年の10円玉は、昭和27年・昭和28年・昭和29年などと比較しても発行枚数が5分の1程度となっており、非常に流通枚数が少ないことが分かります。

発行年数毎の10円玉発行枚数は以下の通りです。

発行年数 発行枚数
1951年(昭和26年) 101,068,000枚
1952年(昭和27年) 486,632,000枚
1953年(昭和28年) 466,300,000枚
1954年(昭和29年) 520,900,000枚
1955年(昭和30年) 123,100,000枚
1956年(昭和31年) 0枚
1957年(昭和32年) 50,000,000枚
1958年(昭和33年) 25,000,000枚

昭和26年と昭和32年と昭和33年の発行枚数が少ないです。それだけ価値がある10円玉として査定してもらえる可能性があります。

ギザ10の価値は流通枚数・古銭コレクターからの人気・保管状態によって大きく変わってきます。昭和26年のギザ10の価値は高く、保管状態によっては1枚10円の額面が100円〜400円前後の買取価格がつく可能性もあります。

財布の中や貯金箱を探せば出てくる可能性があるギザ10は65年以上も前に発行された10円玉です。65年以上も前の通貨が未だに流通して使われていることを考えると、日本の硬貨製造の技術の高さが分かりますね。

昭和26年のギザ10は高く売れる?

昭和26年のギザ10は、10円玉の中でも希少性が高いので、保管状態が良い10円玉がたくさんあればかなりの高額買取が期待できます。1枚100円だったとしても額面の10倍の価値になると考えれば売る価値があります。

昭和26年のギザ10をコレクションしていた方は、ギザ10以外の古銭や記念硬貨もコレクションしているケースが多いです。ギザ10と共に高額査定が期待できる古銭買取店に査定依頼しましょう!

古銭買取に一緒に出すと高く売れる硬貨・古紙幣の種類

昭和26年の10円玉以外に古銭買取に一緒に出すと高く売れる硬貨や古紙幣の種類を簡単に紹介します。

いずれにせよ昭和26年のギザ10と一緒に昔のお金をまとめて査定することで買取価格のアップにつながる可能性もあるので、一緒に売るのはおすすめできます。

  1. 記念硬貨(東京オリンピック・長野オリンピック・天皇即位記念・地方自治記念硬貨など)
  2. 外国コイン(メイプルリーフ金貨、クルーガーランド金貨、ブリタニカ金貨など)
  3. 貿易銀・古金銀(南鐐二朱銀・一分銀など)
  4. 金貨・銀貨・大判小判
  5. 穴銭(寛永通宝・天保通宝など)

上記のような記念硬貨や古銭と一緒に昭和26年のギザ10を売ることで高額査定が期待できます。

ぜひ、本記事の終わりで紹介しているおすすめ古銭買取店をチェックしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。昭和26年のギザ10(10円硬貨)の価値と買取相場について紹介しました。

昭和26年の10円玉が手元にキレイな状態で大量に保存されている方は古銭買取店に相談してみてください!

古銭や旧紙幣の買取相場
古銭買取相場の一覧表
長野オリンピック記念硬貨

記念硬貨や大判・小判、金貨・銀貨、外国コイン、穴銭、旧紙幣など昔のお金の買取相場を一覧表で紹介しています。

寛永通宝や天保通宝など穴銭をはじめ、金貨・銀貨、大判・小判など現存する古銭の価値は非常に高いのでいますぐ買取に出す事をおすすめします。古銭の価値は、素人目に判断が難しいです。古銭買取相場をチェックしたら、バイセル(旧:スピード買取)をはじめ買取プレミアムや福ちゃんなど口コミ評判の良い古銭買取店に古銭や旧紙幣の査定してもらう事をおすすめします。

プロの査定員に古銭買取してもらいましょう!

買取相場
シェアする
古銭買取のABC